2017年12月18日

国際標準の英会話学習法 (英語で)私たちに会いに来てください


【国際標準の英会話学習法】Lank-3-9

動詞comeに込められた英語の設計図を解読する
■comeの基本粋な意味は「出現」

Help me(私を助けてよ)やsay good-byeが基本となって、「来て~する」といった表現は以下のようになる。
 Come and help me!
 私を助けに来てよ!
 I came to say good-bye.
 私は、さよならを言うためにやってきました
このような表現はgoを使った以下の表現とは裏腹の関係だ。
 I'll go and help you!
 私は、あなたを助けに行きます
 I went to say good-bye.
 私は、さよならを言うために行きました

つまり、「見に来る」と「見に行く」、「桜を見に来る」と「桜を見に行く」といった関係だ。

【一般動詞フレーズ5段活用
  come to see us   私たちに会いに来る
=============================
(1) come(s)to see us  現在形動詞フレーズ 
 ※現在形の肯定形だけで使われる。
(2) cametosee us   過去形動詞フレーズ
 ※過去形の肯定形だけで使われる。 
(3) come tosee us   原形動詞フレーズ
 ※命令形,助動詞、to不定詞で使われる。
(4) coming tosee us  ing形動詞フレーズ
 ※進行形や動名詞で使われる。
(5) cometosee us   ed形動詞フレーズ
 ※完了形で使われる。 
=============================

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
 (1)[基本4時制の展開](現在形) 現在の事実
 (1) 彼らは、(時々)私たちに会いに来てくれます
→ They sometimes cometo see us.

 (2)[基本4時制の展開](過去形) ※過去の事実 
 (1) 彼らは、(その時)私たちに会いに来ました
→ They cameto see us.

 (3)[基本4時制の展開](未来形) ※未来の事実
 (1) 彼らは、(これから)私たちに会いに来るでしょう
→ They will cometo see us.

 (2) 彼らは、私たちに会いに来るかもしれません
→ They may cometo see us.

 (3) 彼らは、私たちに会いに来るようです※進行
→ They are going to cometo like it.

 (4) 彼らは、私たちに会いに来るようです※傾向
→ They are likely to cometo like it.

 (4)[基本4時制の展開](現在進行形) ※現在の継続状態
 (1) 彼らは、私たちに会いに来つつあります
→ They are comingto see us.

 (5)[基本4時制の展開](現在完了形) ※現在の付帯状況 
 (1) 彼らは、ちょうど私たちに会いに来たところです
→ They have just cometo see us.

これらの文例や詳しい説明は、今回の表現の「勘どころ」に続く。

私が指摘し続けていることは、学習時間に応じて英語の語彙が言葉として蓄積する学習をすべきだというとだ。
これが国際標準の英会話学習法なのだ。

ファンクションメソッドでは、一般動詞のタイプを5つにわけている。
 (1) 動詞
 (2) 動詞+補語
 (3) 動詞+目的語+補語
 (4) 動詞+目的語
 (5) 動詞+目的語+目的語

【comeの動詞フレーズのパターン】
[1] V感覚  基本形 come + (副詞/副詞句)
A typhoon is coming.

台風がやってくる
[2] V+C感覚 基本形 come + 形容詞
My dream has come true.
私の夢がかないました

[3-1] come to +原形動詞フレーズ 応用形
They will come to blow.
彼らは殴り合いになるでしょう

[3-2] come +ing形動詞フレーズ 応用形
A dog came runnig toward me.
犬が私の方に向かってきました
[3-3] come +ed形動詞フレーズ 応用形

Your shoe laces will come untied.
あなたの靴ひもがほどけるよ

[4]  come to+原形動詞フレーズ /come and 動詞フレーズ
  We came to see the cherry trees.
  私たちは桜を見に来ました

  We came and saw the cherry trees.
  私たちは桜を見に来ました


今回の表現の「勘どころ」

[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]は、単にとりあげた文例を丸暗記するべきだと言うことではない。この枠組みを使って以下にあげたフレーズを展開表現をしてほしい。

以下はすべて動詞come+動詞フレーズです。
(1) You must not come to meet me again.
  あなたは二度と私に会いに来てはいけません
(2) さよならを言うためにやってくる
(3) 医者に診てもらうために来る
(4) 彼女に会いに来たのですか?
(5) 来週うちに来てください!
(6) 休暇のあと私どもへ遊びにおいでになれますか?
(7) 2時と3時の間に私のところへ来てください!
(8) 私はあなたを連れ出すために行きます
(9) 彼女は私たちを訪ねてやってきた
(10)働きに来る
(11) 彼は親切にも空港へ迎えに来てくれた
(12) 彼は酔っ払って仕事に来た

(1) come and enjoy the sun
  来て太陽を浴びて楽しむ
(2)それを取りに来る
(3) 駅から私を自動車に乗せに来る
(4) 来て飲む
(5) 見に来る
(6) 誰かが私を手伝いに来るだろう
(7) 私を助けに来てよ!
(8) 私たちのパーティーに参加してください!
(9)お菓子をくれないといたずらするぞ!(ハロウィーンにて)
(10) それを見に来る
(11) 来週うちへいらっしゃい!
(12) 私たちに会いに来る
(13) 土曜日に私たちに会いに来てください!
(14) 来週会いに来てください!
(15) 日本へおいでになることがございましたら、ぜひお立ち寄りください
(16) あなたのお宅にお伺いします
(17) いつでも好きなときにいらっしゃい!
(18) 私はあなたのお宅に伺いします
(19) 私は今度あなたに会いに行くつもりです
(20) ここに座りに来なさい
(21) 私たちの所に滞在しに来る
(22) 私たちの所に訪れる
(23) ここに来てあなたの名前を書いてください!

私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版

オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp

【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧

受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円

ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売

DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円
●国際水準の英会話学習法定期購読マガジン(HTML・PDF版)で閲覧
DL Marketにて購入(登録)
税込 月額1,296円


ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

スポンサードリンク









[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート

スポンサードリンク
posted by イメトレ at 15:25 | Comment(0) | 国際水準の英会話学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5クール どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 29/90


「言葉というものは、小から大へと進むもので決してその逆ではない」
どうして「英語の九九なのか?どうして英語脳なのか?」

このSTEP1の「九九のように覚える英会話」は後1回で終了し、STEP2のオウム返し英会話学習法」に移ることになる。
このブログをご覧になって、最後の方になってきたら「えらく難しいことを言っている」の感想を持たれた方も多いと思う。あるいは当オンライン講座の受講を躊躇されている方もおられると思う。
しかしここまで至って受講されてきた方との大きな温度差があると想像する。
簡単なことだが、今回のmeet herのフレーズを元にした現在形、過去形、未来形、現在完了形の表現展開を体験した。さらにその否定形、疑問形、否定疑問、疑問詞付き疑問のトレーニングを行ってきた。
受講者の方は、この基礎学習があって今回の学習に至ったのだ。
つまりmeet herが、Do you meet her?、Did you meet her?、Will you meet her?、Have you ever met her?などの表現展開も学んだ。さらにAre you meeting her?などの表現展開も。
その表現展開の基礎学習があってDo you have to meet her?、Do you want to meet her?、さらにAre you afraid of meeting her?に進んだのが今回の表現だ。
ここで「言葉というものは、小から大へと進むもので決してその逆ではない」ということを再度強調しておきたい。

何度も指摘しているが、英語はbe動詞系列と一般動詞系列の二つで成り立っている。ここで強調したいポイントはファンクションフレーズにもbe動詞系列と一般動詞系列の2つがあるということだ。
ちなみにこのことについてはすでに述べたことがある。
 (1) 助動詞のファンクションフレーズ
 (2) be動詞系列のファンクションフレーズ
 (3) 一般動詞系列のファンクションフレーズ

 01 be going to+原形動詞フレーズ 
 02 like +ing形動詞フレーズ 
 03 want +原形動詞フレーズ
 04 have +原形動詞フレーズ


【一般動詞フレーズ5段活用
  have to meet her「彼女に会わなければならない
=============================
(1) have[has] to meet her 現在形動詞フレーズ
  ※現在形の肯定形のみで使われる。
(2) had to meet her     過去形動詞フレーズ
  ※過去形の肯定形のみで使われる
(3)have to meet her     原形動詞フレーズ
  ※助動詞、to不定詞で使われる。
(4) have to meet her     ing形動詞フレーズ
  ※進行形や動名詞で使われる。
(5) had to meet her     ed形動詞フレーズ
  ※完了形で使われる。
=============================

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
 (1)[基本4時制の展開](現在形) 現在の事実
 (1) 私は、(今)彼女に会わなければならない
  I have to meet her.

 (2)[基本4時制の展開](過去形) ※過去の事実 
 (1) 私は、(その時)彼女に会わなければならかった
  I had to meet her.

 (3)[基本4時制の展開](未来形) ※未来の事実
 (1) 私は、(これから)彼女に会わなければならないでしょう
  I will have to meet her.

 (2) 私は、彼女に会う必要があるかもしれません
  I may have to meet her.

 (5)[基本4時制の展開](現在完了形) ※現在の付帯状況 
 (1) 私は、かつて彼女に会わねばならないことがありました
  I have ever had to meet her.
 (2) 小西氏 は、かつて亡命する必要があった※小西某
   Mr. Konishi has ever had to fly from my country

【一般動詞フレーズ5段活用
  want to meet her「彼女に会いたい
=============================
(1) want[s] to meet her 現在形動詞フレーズ
  ※現在形の肯定形のみで使われる。
(2) wanted to meet her     過去形動詞フレーズ
  ※過去形の肯定形のみで使われる
(3)want to meet her     原形動詞フレーズ
  ※助動詞、to不定詞で使われる。
(4) wanting to meet her     ing形動詞フレーズ
  ※進行形や動名詞で使われる。
(5) wanted to meet her     ed形動詞フレーズ
  ※完了形で使われる。
=============================

【これが国際標準の英会話学習法だ!】
[英会話発想トレーニング 表現の枠組み]
 (1)[基本4時制の展開](現在形) 現在の事実
 (1) 私は、(今)彼女に会いたい
  I want to meet her.

 (2)[基本4時制の展開](過去形) ※過去の事実 
 (1) 私は、(その時)彼女に会いたかった
  I wanted to meet her.

 (3)[基本4時制の展開](未来形) ※未来の事実
 (1) 私は、(これから)彼女に会いたくなるでしょう
  I will want to meet her.

 (2) 私は、彼女に会いたくなるかもしれません
  I may want to meet her.

 (5)[基本4時制の展開](現在完了形) ※現在の付帯状況 
 (1) 私は、かつて彼女に会いたくなったことがあります
  I have ever wanted to meet her.
 (2) 小西氏 は、かつて亡命したくなったことがあります※小西某
   Mr. Konishi has ever wanted to fly from my country

「コミニカ英語基礎編」から「コミニカ英作法」
 (1) 私は、(これから)彼女に会わなければなりません
    <〜は ドウする文>
   @ 私は 〜しない → I must
   A 彼女に会う   → meet her
   (完成文)  → I must meet her.

 (2) 私は、(これから)彼女に会わなければなりません
    <〜は ドウする文>
   @ 私は 〜ねばならない → I have to
   A 彼女に会う      → meet her
   (完成文)  → I have to meet her.

 (3) 私は、(これから)彼女に会いたい
    <〜は ドウする文>
   @ 私は 〜ねばならない → I want to
   A 彼女に会う      → meet her
   (完成文)  → I want to meet her.

 (4) 私は、彼女に会うのが恐い
    <〜は ドウする文>
   @ 私は 〜恐い → I am afraid of
   A 彼女に会うこと → meeting her
   (完成文)  → I am afraid of meeting her.

【今日の学習】

[九九]のように覚える英会話」
の第5章に進むことになる。

第5章 「英語の九九テーブル」はさらに展開する
 01 be going to+原形動詞フレーズ 
 「ドリルNo.52
庭の手入れをするつもりよ

 「ドリルNo.53 プロゴルファーになるつもりだったよ
 02 like +ing形動詞フレーズ 
 「ドリルNo.54 買い物をするのが好きだよ

 03 want +原形動詞フレーズ
 「ドリルNo.55 買い物に行きたいよ
 04 have +原形動詞フレーズ
 「ドリルNo.56 ここにいなきゃならないの?

 「ドリルNo.57 家事をしなきゃならないよ
※以上「九九のように覚える英会話」でのトレーニングは終わり、「オウム返し学習へと進む。


イメージしてください!!」と書かれてある。重要なことは、日本語訳は単に参考であって、そのまま単語をイメージしてください。ということだ。これが、私の言う英語を「そのまま理解する」ということだ。
トレーニングは簡単な主体(主語)を使っての,肯定,否定,疑問,否定疑問,疑問詞付きの疑問表現へと進むことになる。

様々な主語の表現を身につけることが、「英語の九九」の始まりだ。以下のトレーニングでは、肯定、否定、疑問、疑問詞がそれぞれ10ずつこなすことになる。 つまり40となり、それがドリルNo.1、ドリルNo.2、ドリルNo.3、ドリルNo.4で、40?3=120の音声でのトレーニングとなっている。

私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版
オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp


【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧

受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円

ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売

DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円
●国際水準の英会話学習法定期購読マガジン(HTML・PDF版)で閲覧
DL Marketにて購入(登録)
税込 月額1,296円

今,ほんとうに「話せる英会話メソッド」が必要とされている時代はない
ネット世界で活躍する個人・企業を求めています。
興味のある方は、当研究会に「資料請求」のメールを zvb00356@nifty.com


スポンサードリンク










ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]
当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート

スポンサードリンク

2017年12月17日のつぶやき















































































































































































スポンサードリンク
posted by イメトレ at 09:01 | Comment(0) | ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする