2017年12月30日

第5クール どうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 41/90


「英語でも他の外国語でも『そのまま理解する』ことが重要だ」

前回、日本の先生のことを「英語を話せないし、英語を話す必要もない」と述べたが、まずこの決めつけたような表現を用いたことに深くお詫びしたい。

私が主張したかったのは、ビーチ前川氏のような元事務次官が実は同省の「天下り」という利権を差配した人物であったこと。それに加えて明治時代から続いてきた英文読解のための教育文法を教育利権の武器として使ってきたことだ。
実は、私も予備校で教えていたときは、この教育文法で教えてきたことを白状したい。高校入試も、大学入試もこの教育文法を試すようなものなので、英語の先生方もそれに対処すべきことは私も痛いほどわかる。
しかし、私が予備校で教えていたとき、「帰国子女」から「先生が講義で話している文法用語は何ですか?」と聞かれた。彼は模擬試験で、英語に関しては高得点をとり、しかも英会話は得意だと言った。
前置きが長くなったが、今回の「オウム返し」について述べたい。
以下の英文とそれを使ったフレーズをご覧ください。
これは具体表現とそれを元にした
抽象化表現だ。
その日本語訳に注目していただきたい。「来ている」「乗っている」など日本語の発想はいかに動詞を使った表現になってしまうかを実感し欲しい。
しかし「カナダ出身だ」「車にいる」とか「赤いドレスの女性」でも日本語に訳せばいいじゃないか、と言われる方がおられると思う。しかしこれは「英語発想をどうとらえるか?」、「どう教えるか?」ということだ。間違っても「どう日本語に訳すか」ということではない。
すでに当講座のSTEP1で登場したOn a diet. On
sail, For sallなど表現を思い出していただきたい。私が一貫して提唱しているのは「英語でも他の外国語でも『そのまま理解する』ことが重要だ」「英語は英語でとらえるべきだ」いうことだ。

(具体表現)         (抽象化表現)
 The woman is here. → the woman here

 その女性はここにいる ここにいる女性
 The woman is over there. → the woman over there
 その女性はあそこにいる あそにいる女性
 The woman is from Canada. → the woman from Canada
 その女性はカナダから来ている カナダから来た女性
 The woman is in the car. → the woman in the car
 その女性は車に乗っている 車に乗っている女性
 The woman is in a dress. → the woman in a dress.
 その女性は赤いドレスを着ている 赤いドレスを着ている女性
 The woman is in slippers. → the woman with glasses.
 その女性はスリッパーを履いている スリッパーを履いている女性
 The woman is with glasses. → the woman with glasses.
 その女性はメガネをかけている メガネをかけている女性
 The woman is with rags. → the woman with rags.
 その女性はボロをまとっている ボロをまとっている女性
 This bus is for Tokyo. → a bus for Tokyo.
 このバスは東京行きです 東京行きのバス
 This tea is with lemon. → tea with lemom
 この紅茶はレモンが入っている レモンが入っている

当講座受講されている方は、 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」をお読み下さい。
また、今回は、
副教材「話すためのたったこれだけ英文法」の記事の一部を転載しています。P.231から始まる以下のものです。
 方位語を用いた拡大表現を使いこなす!! 〜方位語は英語の心だ〜
[1-2] 叙述表現(補語・VC感覚)として使う
   The people are here.
   その人たちはここにいます
   The woman is in a red dress.
   その女性は赤いドレスを着ている

新年を迎え、あなたも当オンライン講座に参加しませんか?

今回オウム返し英会話学習法」での英文の生産を見て欲しい。

オウム返しNo. 41 「このプレゼント,誰にあげるの?」「ルーシーにあげるよ」

[1]
Q: For me? 私にくれるの?
A: Yes. For you. そうよ、あなたにあげる
    ↓
[2]
Q: Is this present for me? このプレゼント、私にくれるの?
A1: Yes, it is. It's for you.
そうよ、あなたにあげる
A2: No, it's not. It's not for you. そうじゃない、あなたにあげないよ
    ↓
[3]
Q: Who is this present for? 
このプレゼント、誰にあげるの? 
A: It's for Lucy.
 それって、ルーシーにあげるよ


当講座主教材「オウム返し英会話学習法」には100のオウム返しトレーニングには【情報ボックス欄が置かれている。これは以下のようなフレーズをとりあげている。具体的な英文生産のためだ。
さらにSectionごとにも以下のような英文生産のためのフレーズをまとめている

ここでも「存在」を表すbe動詞(is, are)と、「対象・目的」を表す前置詞forが結びついて、ある主体(主語)が、「〜を対象・目的して、存在する」という意味になります。日本語の発想では、「〜をくれる、あげる」といった意味となります。
主体(主語)が複数となるとbe動詞は、areとなります。

 Are these dolls for me?
 これらの人形、私にくれるの?
また、forに導かれることばは、代名詞の場合は目的格となることに注意してください。
 Are these dolls for them?
 これらの人形、彼らにあげるの?
※英語のフレーズは省略
 トムに、私たちに
 あなた方に、彼に
 彼女に、彼らに
 あなたの奥さんに、私の両親に
 トムとルーシーに
 for your children あなたの子供たちに

【今日の学習】

Section 1 be動詞でこれだけ表現できる (その1)
●「〜は、ある・いる文」とは
【オウム返し No.33】「私の携帯電話、どこにあるの?」「机の下にあるよ」
【オウム返し No.34】「ママって、どこにいるの?」「寝室にいるよ」
【オウム返し No.35】「あなた、(今)どこにいる?」「レストランにいるよ」
【オウム返し No.36】「バス停はどこにありますか?」「あそこにありますよ」
【オウム返し No.37】「この辺りにレストランはいくつありますか?
          「5つありますよ」

【オウム返し No.38】「冷蔵庫に、どれだけの肉があるの?」
          「まったくないよ」

【オウム返し No.39】「このコーヒー、どこ産ですか?」「イエメン産よ」
【オウム返し No.40】「どこから来られましたか?」
          「オーストラリアから来ました」
【オウム返し No.41】「このプレゼント、誰にあげるの?」
          「ルーシーにあげるよ」

【オウム返し No.42】「あなたのコンピュータの具合はどうなの?」
          「順調だよ」

【オウム返し No.43】「どうしてダイエットしてるの?」「スリムになるためよ」


私は以下の教材をいつでも閲覧できるように、私の使っているFire foxのブックマークに入れて使っている。もちろんこれはブログの記事を作るため、あるいは当オンライン講座を受講している方へのサポートするためだ。
以下は、U-Tubeにあげている教材紹介動画だ。ぜひ参考にしていただきたい。
 ○当講座 主教材「九九のように覚える英会話」PDF
 ○当講座 主教材「オウム返し英会話学習法」PDF
 ○当講座 主教材「イメトレ英語学習法」PDF 
 ○当講座 副教材「話すためのたったこれだけ英文法」PDF
 ○当講座 副教材「一週間で頭にしみ込むイディオム」PDF
 ○参考教材「日常英会話必須基本16動詞」HTML版
 ○参考教材「ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞」HTML版
オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となっている.
http://jet2020.blog.so-net.ne.jp


【世界水準の英会話学習法[製品版]をご覧できる2つの方法】
●ファンクションメソッド英語脳構築オンライン講座の副教材として閲覧

受講者の方には専用ブログのIDとpasswordをお知らせします。ブログには記事がアーカイブとして蓄積しているので期間・期限を問わず学習が可能!専用ブログは、So-Netブログを使用。
ファンクションメソッド研究会カートで購入(登録)税込 8,500円

ペ イバルによるMasterCard, VISA, American Express, JCBのカード決済システムを導入
しました。銀行郵貯振り込み可能ダウンロード販売

DL Marketで購入(登録) 税込 9.612円
●国際水準の英会話学習法定期購読マガジン(HTML・PDF版)で閲覧
DL Marketにて購入(登録)
税込 月額1,296円

今,ほんとうに「話せる英会話メソッド」が必要とされている時代はない
ネット世界で活躍する個人・企業を求めています。
興味のある方は、当研究会に「資料請求」のメールを zvb00356@nifty.com

スポンサードリンク










ファンクションメソッド英語・英会話教材
 
ファンクションメソッド電子書籍本


 動画【ファンクションメソッド最新動画シリーズ】
 
英語脳構築「オウム返し トレーニングブック」


 動画【ファンクションメソッド英語・英会話教材】
☆中学英語が英会話の基礎 コミニカ英語基礎編
 
ファンションメソッド独習テキストHTML版
 
ファンクションメソッドE-TREKKING教材
 
語彙力増強講座基本16動詞編 英会話実況中継
 
ファンクションメソッド語彙力増強
   (日常英会話必須基本16動詞&ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞(HTML版)
 
ネイティブが選んだ日常会話必須62動詞



 動画【ファンクションメソッド電子書籍】

ファンクションメソッド電子書籍音声解説


 動画【ファンクションメソッド実況中継など】

☆英語脳構築プログラム実況中継
 
☆自由に英語を話したい
 
悪魔の英文法 これが英語の骨組だ
 
自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
「声を出して身につける英語力」
 
ファンクションメソッド 自由に英語を話すための最短学習プログラム
 
どうして日本人が英語を話せない その傾向と対策

[当研究会からのお知らせ]
当研究会からのお知らせ

ファンクションメソッド英語研究会

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。