2009年10月28日

続 本当の英会話学習法とは?


[今日の学習]
前回のビートルズのWhen I'm sixty-four.という曲を紹介しました。
この曲には以下のような動詞フレーズが使われていました。
ただし、すべて原形動詞フレーズにしたものです。

(be動詞のフレーズ)
  be handy  便利だ
  be out 外出している
  be sixty-four 64歳です


  get older  年をとる
  *lose my hair 髪の毛が薄くなる
  *send me a Valentine 私にバレンタインを贈る
  lock the key 鍵をかける
  say the word その言葉を言う
  *stay with you 君と一緒にいる
  mend a fuse ヒューズを直す
  knit a sweater by the fireside  暖炉のそばでセーターを編む
  go for a ride ドライブに行く
  do the garden 庭いじりをする
  dig the weeds 庭の草を抜く
  ask for more それ以上のことを望む(頼む)
  *need me  僕を必要とする
  *feed me  僕に食事を作る

  以上の他にもこの曲には以下の動詞フレーズが登場します。

  scrimp and save 節約したり貯金する
  *send me a postcard  ぼくにハガキをくれる
  *drop me a line  お便りをくれる
  state point of view 考えを述べる
  *give me you answer 返事をくれる
  fill in a form 書類に記入する

私がいつも指摘しているのは、私たち日本人と同じ非英語圏の人たちとの学習法の違いです。
日本人は、ひとつの文例を丸暗記し、それを否定形や疑問形に変えて表現するのが習慣となっています。
これは学校英語の基本文を元にした、英作法が影響しています。

一方彼らはまったく異なっていて、まず「英語の回路」を身につけ、それを具体的な動詞フレーズを運用しようとします。

例えば、be動詞系列では以下のような4つの時制で表現する回路を持ち、それを横軸とすると、たて軸にその否定形、疑問形、あるいは疑問詞を持つ疑問形といった表現の展開回路を身につけています。

4時制

ここでは疑問形と疑問詞を持つ疑問形だけをとりあげました。

  Are you sixty years old? 
  あなた、(今)65才なの?
  How old are you?
  あなた、(今)何才なの?

  Were you sixty years old?
  あなた、(その時)65才だったの?
  How old were you?
  あなた、(その時)何才だったの?

  Will you be sixty years old?
  あなた、65才になるの?
  How old will you be?
  あなた、何才になるの?

  Have you been sixty years old yet?
  あなた、(もう)65才になったの?
  How old have you been yet?
  あなた、(もう)何才になったの?

これらはもちろん主語がyouだけでの展開であり、SheやHe、つまり「彼って64才なの?」とか「彼女って64才なの?」といった表現展開も必要です。あるいは以下のようなものも。
これらの表現は「オンライン通信講座受講者用ページ」にあげておきます。

  under twenty 20才以下だ
  over twenty 20才を越えている
  略

次回は、一般動詞フレーズについて述べます。



受講者の方に
受講生の方は、歌の続きと日本語訳をご覧ください。

分からないところがあれば遠慮なく質問メールをください。

当ブログ「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」オンライン講座受講生募集

英語は英語の発想で取り組むべきです。今注目を浴びているファンクションメソッドであなたも自由な英会話を!
多くの方が受講されています。

初学者のための英語脳構築英作教材 
 書いて覚える「コミニカ中学英語基礎編

ネイティブの人たちや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパやインド、中国の人たちと私たち日本人が根本的に異なるのは、彼らが「自分が表現したいことをどのようにして英語に変換するか」という学習を受けるからです。彼らはワンフレーズ、つまり片言でも言いたいことを表現しなさい、という教育を受けます。そしてそれをキチンとした表現へと導くのが教師の役目であり、そのために教えるのが文法(当たり前ですが、これは教育文法ではありません)です。

以上の教材についてのブログを配信しています。ぜひ訪れてください。

  ●ブログ「コミニカ中学英語基礎編

  ●ブログ「英語の九九 英会話発想トレーニング

ファンクションメソッド英語研究会発行の電子出版本
●「速修一週間英語脳構築プログラム」PDF版1,200円(税込)
●「ムリなく話せるイメトレ英語学習法」 PDF版 Audio CD1枚付1,300円(税込)

●「たった16の動詞で英語が話せる瞬間英作トレーニング」 PDF版800円(税込)
●「自由に英語が話せるためのたったこれだけ英文法」 PDF版800円(税込)

●「ファンクションメソッド英会話独習テキスト」 PDF版900円(税込)
●「一週間に心にしみこむイディオム」 PDF版800円(税込)
オンライン通信講座受講者用ページ
スポンサードリンク
posted by イメトレ at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | これが英語の回路だ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする